葬儀の後のお墓の探し方

お墓にかける予算

お墓にかける予算の写真

お墓を選ぶ際に、最も重要視することの一つに費用があります。まずは、お墓にかけることができる予算を決めることが大切です。予算を決めるためには、お墓の料金体系や支払い方法などの詳細を事前に調べて理解しておく必要があります。例えば、一般的な墓石付きのお墓の場合、お墓にかかる費用は大きく分けて、墓石代(と工事費)、永代使用料、管理費の3つになります。もちろん細かく見ていくと、彫刻費用や供養のための諸費用などもありますが、まずはこの3つの費用を確認して予算を決めていきましょう。

一般的なお墓は、お墓を継ぐ人が毎年の管理費を払い続けていれば、永代に渡って残すことができるお墓です。納骨堂のように収容できる人数やお墓を利用できる期間が決まっていないため、先祖や親族の遺骨を収容することができます。一般的なお墓の場合、安価なものでも永代使用料と墓石工事の費用を合わせて100万円程度の費用がかかります。それに加えて、年間5,000円~20,000円の永代使用料が必要になります。

永代使用料は土地の価格に連動しており、都市部などアクセスの良い場所ほど高くなる傾向にあります。また、使用する石の種類や量によっても墓石工事の費用は高くなります。

お墓選びの第一歩は、墓地の立地条件やお墓の材質によってお墓の総費用が大きく変わることを理解しておきましょう。お墓の費用が予算内に収まるかどうかを確認しましょう。特に管理費は後々に影響してきます。その時は少し高いと思っていても、後々自分の首を絞めることになりかねません。また、霊園や霊園によっては納骨に手数料がかかったり、彫刻にオプション料金がかかる場合もあります。初期費用がいくらかかるのか、契約後に事務手数料以外の費用がかかるのかどうかを確認しておきましょう。